カテゴリー別アーカイブ: 1.明治維新と箱根温泉

【箱根戦争】

 箱根地方における明治という時代の幕あけは、箱根湯本山崎で、小田原藩と幕府遊撃隊が対戦したその砲煙のなかで始まった。  慶応三年(一八六七)十月の大政奉還から同年十二月の王政復古に至る激しい時代の流れのなかで、小田原藩は … 続きを読む

カテゴリー: 1.明治維新と箱根温泉 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【廃藩置県前後の箱根】

 維新改変の嵐は箱根地方を維持していた旧体制にもつぎつぎと襲いかかっていった。  明治元年(一八六八)元箱根の箱根権現には廃仏毀釈の嵐が吹き荒れていた。同権現の別当寺金剛王院東福寺は廃寺となり、同年九月七一世別当諦昶は、 … 続きを読む

カテゴリー: 1.明治維新と箱根温泉 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【外国人湯治客】

 幕末開港以後、横浜の外国人居留地に来往する外国人の数はしだいに増加し、維新後になると、その人口は急速にふえ、明治十年代には横浜在留外国人は三〇〇〇人を越え、明治二十年代になると四〇〇〇人から五〇〇〇人に達したという(『 … 続きを読む

カテゴリー: 1.明治維新と箱根温泉 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。