カテゴリー別アーカイブ: 9.関東大震災と箱根温泉

【大地震の発生】

 大正十二年(一九二三)九月一日午前十一時五十八分四十四秒、未曽有の大激震が神奈川、千葉、東京、埼玉の南関東一帯から静岡県を襲った。震度六、マグニチュード七・九、上下動振幅は六寸(一八センチ)に達した。震源地は、伊豆大島 … 続きを読む

カテゴリー: 9.関東大震災と箱根温泉 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【箱根山における災害の状況】

 先の温泉村の宿直日誌からも、箱根山における被害状況がいかにすさまじかったか、と推察されるが、小田原警察署の『小田原警察署管内震災情況誌』及び『神奈川県震災誌』から箱根山全体の被害状況を追ってみよう。  箱根山の被害は主 … 続きを読む

カテゴリー: 9.関東大震災と箱根温泉 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【震災後の復旧活動】

 大震災は箱根山の各地に深い傷跡を残した。なによりも早く手を付けなければならなかったのは、杜絶した交通網の復旧であった。幸いなことに宮之下-箱根町間の道路は、崩壊箇所も多数あったが大崩壊には至っていなかったため、応急修理 … 続きを読む

カテゴリー: 9.関東大震災と箱根温泉 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。