カテゴリー別アーカイブ: 3.交通機関の整備と発展

【小田急の開通】

 「本県を縦走する小田原急行鉄道・けふ愈々開通の喜び・開発する沿線 甦生する名所旧所」、昭和二年(一九二七)四月一日の「横浜貿易新報」は、大見出しで、このように小田原急行鉄道開通を伝えている。新宿―小田原間の所要時間は、 … 続きを読む

カテゴリー: 3.交通機関の整備と発展 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【丹那トンネルを抜けて】

 関東大震災によって大きな打撃を受けた国鉄も、いち早くその応急的な復旧工事を実現すると、更に輸送力増強という時代の要請に応じ、施設の整備・改良を進めていった。大正十年(一九二一)五月一日、横浜―大船間に自動閉塞式を実施し … 続きを読む

カテゴリー: 3.交通機関の整備と発展 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【交通戦争の激化と大資本の進出】

 小田急の開通、国鉄東海道線の整備により京浜地区で箱根温泉を訪れる行楽客が増加する中で、小田原から箱根へ向かう乗客をめぐって自動車事業を中心に箱根山において競争が激化していった。  箱根山における自動車事業の発展について … 続きを読む

カテゴリー: 3.交通機関の整備と発展 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。