カテゴリー別アーカイブ: 1.明治・大正期の組合活動

【明治・大正期の組合活動】

 第一章で述べたように、七湯の宿主達は天保十四年(一八四三)に、お互いの健全な営業を守るための規約をつくり、厳しい罰則を定めて、自粛の申し合わせをしている。今日の旅館協同組合の素地は、江戸時代にすでにつくられていたのであ … 続きを読む

カテゴリー: 1.明治・大正期の組合活動 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【箱根温泉宿組合の結成】

 明治二十九年(一八九六)に設立された「箱根温泉宿組合」については、第二章第八節に詳述してあるので、本稿においては、その時に作成された「箱根温泉宿組合規約」及び、組合設立に関係の深い「明治二十二年県令第二十四号・宿屋営業 … 続きを読む

カテゴリー: 1.明治・大正期の組合活動 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【箱根温泉宿組合共楽会】

 さて宿組合の行事を榎本恭三に譲った安藤兵治は、組合の外郭団体ともいえる「箱根温泉宿組合共楽会」を設立した。設立趣意書に見られるように、組合員有志による親睦と相互扶助を目的とした無尽の 会であったと思われる。  箱根温泉 … 続きを読む

カテゴリー: 1.明治・大正期の組合活動 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【大正期の組合活動】

 大正時代に入ると、人力車やチェヤーは次第に姿を消して自動車にかわり、箱根の交通は面目を一新した。富士屋ホテル八十年史は「大正三年(一九一四)春季は漫遊客激増して近年稀に見る好況であった」と箱根の活況を伝えている。強羅園 … 続きを読む

カテゴリー: 1.明治・大正期の組合活動 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【箱根復興会への協力】

 第二章で述べたように関東大震災は、箱根全山に猛威をふるい、主要道路は各地で分断された。その中でも湯本-宮之下を結ぶ国道一号線は、箱根山を結ぶ主幹道路であり、その復旧は箱根温泉の生死にかかわる緊急課題であった。  そのた … 続きを読む

カテゴリー: 1.明治・大正期の組合活動 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【温泉宿組合から温泉旅館組合へ】

 箱根温泉宿組合が発展途上にあった大正末期から昭和初年にかけては、世の中のすべてが大きく脱皮する時代であった。大正十四年十月二十六日には、神奈川県の宿屋営業取締規則の一部改正が県令六十一をもって公示された。これをうけて「 … 続きを読む

カテゴリー: 1.明治・大正期の組合活動 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。