カテゴリー別アーカイブ: 6.旅館関連法律の改正とその対応

【旅館関連法律の改正とその対応】

 旅館経営に関連する法律は数多くあるが、旅館業法、温泉法と共に協同組合が深いかかわりを持ったいくつかの法律について、その動きと対応を追ってみたい。

カテゴリー: 6.旅館関連法律の改正とその対応 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【労働基準法】

 戦後の民主化が進む中で、極端な変貌をみた国策の一つに労働運動の解放があった。終戦を迎え連合軍の占領下におかれると、戦時中微用工員に強制労働を強いていた軍需工場には赤旗が林立するようになった。このような激しい時代の流れの … 続きを読む

カテゴリー: 6.旅館関連法律の改正とその対応 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【消防法】

 消防法は、昭和二十三年七月二十四日(法律一八六)に公布されている。旅館に対する規制経過措置等の特例があったにせよ、旅館経営者にとっては大きな出費を伴った。消防法は、公布以来三十三回の改正を重ね現行法となっている。つまり … 続きを読む

カテゴリー: 6.旅館関連法律の改正とその対応 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【建築基準法】

 旅館ホテル等の宿泊施設に対する建築基準法の規制も又消防法と同様、戦後きびしい存在となった。建築基準法は昭和二十五年五月二十四日(法律二〇一)に公布されて建築物の構造・設備・敷地等の整合と保安上の安全に加え、生命財産の保 … 続きを読む

カテゴリー: 6.旅館関連法律の改正とその対応 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

【水質汚濁防止法】

 水質汚濁防止法は公害対策基本法に基づく法律で、その主要な内容は基本法の各条項の実施規定からなっている。  昭和四十九年十二月一日、その施行令の一部改正が行われて、規制の対象となる特定事業所に旅館、ホテルが新たに加えられ … 続きを読む

カテゴリー: 6.旅館関連法律の改正とその対応 | コメントをどうぞ

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。