【温泉の分布】

 図13は箱根火山の源泉分布図である。昭和五十九年の源泉数は三八四、その内一四が蒸気泉、五四が休止源泉である。ボーリング技術の進歩により河床からはなれたかなり標高の高い地点にも源泉の掘削が行われているが、大きく見るとやはり源泉はカルデラの東側、早川と須雲川の谷に沿って分布している。
図13 箱根火山の源泉分布図 

カテゴリー: 3.箱根温泉   パーマリンク

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

コメントは受け付けていません。