【塔之沢温泉】

 箱根湯本から早川ぞいに国道一号線を登り、函嶺洞門をすぎると塔之沢温泉。洞門の対岸に神奈川県立箱根観光会館がある。標高一三〇メートル。登山鉄道塔之沢駅下車。小田原より箱根方面行きバスで二〇分。
 早川に沿って純和風の旅館が建ち並び、古き良き地代のおもかげを残している。箱根七湯の一つ。
 温泉の発見は慶長十年(一六〇五)、塔之峯の阿弥陀寺開山弾(たん)誓上人によると伝えられている。かつて温泉はすべて自然湧出していたが、現在はポンプで揚湯されている。泉質は単純温泉又はアルカリ性単純温泉。温度三八~六三℃。
 塔之沢付近の早川は水量が多く、鱒つりに適している(三~四月)。塔之峰の中腹、標高三〇〇メートルにある浄土宗の古刹阿弥陀寺には歩いて約二〇分。弾誓上人がこもり木食(もくじき)修行したと伝えられる洞窟などがある。
 上塔之沢にある上湯温泉大衆浴場は誰でも利用できる共同浴場。地元民をはじめ入湯休憩する者が多い。
 年中行事として流灯祭(八月十二日)。旅館一〇軒。

カテゴリー: 1.十九湯めぐり   パーマリンク

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

コメントは受け付けていません。