旅館経営と宿泊客の動向

 新しい温泉場がつぎつぎと誕生していくなかで、箱根温泉の旅館経営は、どのように変わっていったのであろうか、また湯宿から温泉旅館という名で呼ばれるようになった大正・昭和期の箱根温泉においてどのような旅館が新しく生まれ、それをとりまく周辺の状況はどのように変化していったのであろうか、限られた史料ではあるが、旅館経営と宿泊客の動向を各年代における宿泊料と箱根山をめぐる交通費からうかがってみたい。

カテゴリー: 5.旅館経営と宿泊客の動向   パーマリンク

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

コメントは受け付けていません。