【箱根火山の生い立ちー久野モデル】

 箱根火山の地下構造を理解するにはこの火山の生い立ちをたどるのがわかり易い。久野(一九五二)は箱根火山の生い立ちを図6にまとめた。久野モデルが示された以後、大磯丘陵での火山層序学の研究が大発展した結果(町田洋 一九七八)、久野モデルの修正が必要になっている。それらの資料を加えてこの火山の生い立ちをたどってみよう。

図6 箱根火山成長の久野モデル(久野 1952)

表6 箱根火山層序(久野 (1952)に年代資料を加えた)

カテゴリー: 2.箱根火山   パーマリンク

※本文書は昭和61年発行の『箱根温泉史』記載事項です。現在の事実とは異なる部分があります。

コメントは受け付けていません。