日別イベントカレンダー

※このイベントは終了しております。

箱根町立郷土資料館「箱根を拓く」渋沢栄一と箱根

「日本資本主義の父」と呼ばれた渋沢栄一は、生涯にわたり500以上の企業や経済団体の設立や経営に関与したほか、教育や福祉、民間外交など幅広い分野で活躍しました。彼はまた、箱根でも早くから事業を展開したほか、避暑などの保養にもたびたび訪れるなど、箱根ともたいへんゆかりのある人物です。

明治13年(1880)、彼が中心となり仙石原に開いた耕牧舎という牧場では、当時最先端の西洋式大牧場を経営し、洋種の牛馬を導入した牧畜や牛乳・バターの販売などを手がけました。その後、渋沢は別荘地の分譲や大涌谷温泉の造成・供給事業へと経営方針を転換し、箱根温泉供給株式会社の設立にも尽力しました。これらの事業は箱根の観光開発に大きな役割を果たすこととなりました。

今回の企画展では、渋沢が箱根で行った事業の数々をはじめ、彼が日米親善事業として尽力し、その足跡が箱根にも残る「青い目の人形」や、渋沢が訪れた宿や各地の名勝など、箱根各地に遺るその足跡をご紹介します。

会期
令和3年10月2日(土)~11月28日(日)

午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)

※休館日:毎週水曜日(11月3日は開館)、10月25日(月)
※料金等詳細はホームページをご確認ください。

箱根町立郷土資料館
https://www.town.hakone.kanagawa.jp/index.cfm/6,420,14,99,html