箱根のご案内

箱根テーマ別ガイド

  • 箱根のご案内

  • 箱根の歴史

  • 箱根温泉の泉質

  • 箱根の乗り物(交通)

  • エリア毎の特徴

エリア別ガイド

  • 湯本/塔之沢エリア

  • 宮ノ下/小涌谷エリア

  • 強羅エリア

  • 仙石原エリア

  • 芦ノ湖/芦ノ湯エリア

箱根スイーツコレクション2018春♪

”『箱根スイーツコレクション2018春』”
今春も、21回目となるスイーツコレクションがやってきました!
箱根のシェフがテーマに沿ったスイーツを考案しご提供する大人気イベントです♪


21回目テーマは 「フォトジェニックスイーツ」 をテーマとした33種のスイーツが登場。

表紙 【 期 間 】
2018年2月1日(木)~4月8日(日)

【 参加施設 】
箱根エリア33店舗(スイーツコレクション冊子、ホームページ(箱根ナビに掲載)

【 お問合わせ 】
箱根スイーツコレクション事務局
(小田急箱根ホールディングス株式会社内)
TEL:0465-32-6801(9:30~18:00 ※土・日曜、祝日を除く)箱根ナビ

♥「ハッシュタグキャンペーン」
インスタグラムにて、箱根スイーツコレクション公式アカウントをフォローし、ハッシュタグ「#箱根スイーツコレクション2018春」を付けて、箱根スイーツコレクション2018春のスイーツ画像を投稿すると抽選で箱根に関する素敵な賞品が当たります。
詳細は公式ホームページにてご確認ください。

♥学生限定のお得な「スイーツ学割」
スイーツご注文時に学生証をご掲示いただくと、対象となる20店舗でお得な価格でスイーツをお楽しみいただけます。
※割引内容は店舗により異なります。また、対象者及び参加店舗等スイーツコレクション小冊子等にてご確認ください。


●●スイーツ一例●● ※ほか、箱根エリア内美術館や飲食店など33店舗が参加。
詳細は箱根ナビにて♪♪







 

 

カテゴリー: イベント

ポーラ美術館 新年お正月イベントを開催!特別なギャラリートークと九谷焼ワークショップで名画をもっと楽しめる!

ポーラ美術館では、企画展「100点の名画でめぐる100年の旅」(2017年10月1日~2018年3月11日)の開催を記念して、 1月7日(日)・1月8日(月・祝)・1月27日(土)に、お正月の恒例行事となったギャラリートーク駅伝、ポーラ美術館の収蔵作品を九谷焼風にアレンジした「クタニシール」を使ったワークショップ、アートディレクター/アートエッセイストである結城昌子氏を迎えたスペシャルギャラリートークを開催します。

1月7日(日) 第6回ギャラリートーク駅伝

トーク 箱根駅伝にちなみ、学芸員がタスキをつなぎ、 1回30分のトークを10回連続で行うギャラリートーク駅伝。開催以来好評を頂き、全回通して参加する完走者が毎年いるイベントです。今回は、企画展「100点の名画でめぐる100年の旅」に出品されている100点の名画のなかから、人気作品投票企画「P-1グランプリ」で選ばれた上位10作品をとりあげます。当日はほぼ終日、美術館のどこかでギャラリートークを開催しておりますので、お気に入りの作品、ご都合に合う時間帯など、自由に選んでご参加いただけます。



日  程: 1月7日(日)往路10:00-12:30(計5回)復路13:30-16:00(計5回)
※9:50より地下1階講堂にお集まりください。
定 員: 各回30名様
参 加 費: 無料(要入館券) 参加者全員にポストカード1枚プレゼント!
会  場: ポーラ美術館 地下1階講堂および展示室


1月8日(月・祝) KUTANI SEALを使ってオリジナル九谷焼食器をつくろう!


丸谷
九谷の和絵具で模様をあらかじめ印刷した転写シールを利用して器をつくるワークショップです。本企画展にあわせて、マティスの《リュート》や、ルノワールの《レースの帽子の少女》など名画を九谷焼風の図柄にアレンジいたしました。お好きなシールを器に貼り付けるだけで、ポーラ美術館でしか作れないお客様だけのオリジナル食器をお作りいただけます。
※シールを貼り付けた器を一度お預かりして、窯元で焼き上げてからの発送になりますので、作品は約1ヶ月後のお届けとなります。
日 程: 1月8日(月・祝)10:00-16:00(最終受付15:30)
定 員: 常時受付 先着40名様  所要時間約30分~
※小学校低学年以下のお子様は保護者同伴でお願いいたします。
参 加 費: 花型皿2,300円~、マグカップ2,800円~(送料込み、お届け先によって変動します)
講  師:  上出瓷藝(かみでしげい) スタッフ
会 場: ポーラ美術館 地下1階講堂
KUTANI SEAL -クタニシール-とは・・・
九谷焼を「もっと皆さんの身近に」という思いから生まれた九谷焼の転写ブランド。
かわいらしくておめでたい絵柄が特徴のクタニシールは、 360年の九谷焼の伝統と遊び心で普段の生活を少しだけ賑やかに、そして楽しくします。


1月27日(土) 結城昌子 氏 スペシャルギャラリートーク


結城 「私が選ぶポーラ美術館コレクションベスト5」と題し、アートディレクター/アートエッセイストの結城昌子氏によるスペシャルギャラリートークを開催いたします。アートとの新しいコミュニケーションを提案する書籍を多数企画・執筆されてきた結城氏とともに展示室をめぐりながら、作品の新たな魅力に触れられます。
日 程: 1月27日(土)14:00-15:00 ※13:50より地下1階講堂にお集まりください。
定 員: 先着30名様
参 加 費: 無料(要入館券)
講 師: 結城昌子氏(アートディレクター/アートエッセイスト)
会 場: ポーラ美術館 地下1階講堂および展示室


開館15周年記念展「100点の名画でめぐる100年の旅」


企画ポーラ美術館収蔵の絵画作品のなかから厳選した、西洋絵画71点、日本の洋画29点、合計100点の名画を、画家や芸術運動、主題や時代に関わる20のテーマに分け、 19世紀半ばから世紀転換期を経て、 20世紀にいたる約100年の西洋と日本の近代絵画の流れを旅するようにご覧いただけます。 100点はモネ、ルノワール、ピカソ、黒田清輝など、どれもコレクションを代表する名作ばかり。ポーラ美術館始まって以来の贅沢なコレクション展です。



詳細はポーラ美術館公式ホームページhttp://www.polamuseum.or.jp/にてご確認ください。

カテゴリー: おススメ

ポーラ美術館 「エミール・ガレ 自然の蒐集」展

エントランス
ポーラ美術館では、開館以来初となるエミール・ガレ(1846-1904)の展覧会を開催いたします。フランス語で「新しい芸術」を意味する「アール・ヌーヴォー」が流行したのは、19世紀末のことです。自然の有機的な形態を着想源とした曲線をふんだんに用いたこの芸術様式において、ガレはガラス工芸の分野で第一人者として活躍しました。
植物学や生物学をはじめとする博物学的な知識と卓越した技術を駆使して、傑出した芸術作品を次々と生み出したガレ。自然界に存在するさまざまなかたちを見つめ、植物や昆虫、動物、そして海の生物といった数多くのモティーフを意匠化したガレの芸術制作は、自然を蒐集するコレクターになぞらえることができるでしょう。
とりわけ植物の研究に取り組んだガレは、植物や昆虫のすみかである「森」を生命の象徴として捉えていました。また、19世紀後半は海洋学が進展した時代であり、「海」の生態についての関心が一層高まりを見せます。「森」と「海」というふたつの主題は、ガレが晩年に傾倒した象徴主義の文学や芸術にも深く関わっていました。
本展では、初期から晩年までのガレの優品を辿りながら、芸術家の創造の源泉であった「自然」を、「森」と「海」というふたつの視点から紹介します。

期 間 2018年3月17日(土)~7月16日(月・祝)

詳細はポーラ美術館公式ホームページhttp://www.polamuseum.or.jp/にてご確認ください。


《菊花文花器》1900年頃 ポーラ美術館蔵

《菊花文花器》1900年頃
ポーラ美術館蔵



           《水差「ギアナの森」》1903年頃 個人蔵

     《水差「ギアナの森」》1903年頃
個人蔵



《バッタ文花器》1878年頃 サントリー美術館蔵

《バッタ文花器》1878年頃
サントリー美術館蔵



          《クラゲ大杯》1898-1900年サントリー美術館蔵(菊池コレクション)(c)TAKESHI FUJIMORI

《クラゲ大杯》1898-1900年サントリー美術館蔵
(菊池コレクション)(c)TAKESHI FUJIMORI


 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: おススメ, イベント

箱根神社節分祭

「節分祭奉祝花火大会」


トワイライト
箱根神社で2月3日に執り行われる「節分祭」の前夜祭。
空気の澄んだ時期の美しい花火をお楽しみください♪
開催日 2.2(金)19:30~19:50
場 所 芦ノ湖湾にて



 

 

「箱根神社節分祭」


節分
箱根神社では節分祭追儺式を執り行います。
当日は箱根神社境内で揚げたてのわかさぎフライ・御神酒・箱根西麓野菜等無料進呈!
豪華賞品が当たる福寿券入りの豆まきも要チェック。
水上スキーで逃げる鬼に豆を打つ、湖上豆まきも必見です!
開催日 2.3(土)11:30~13:30
場 所 11:00~行列参進 11:30~節分祭
12:00~追儺式(境内)
13:00~湖上豆まきの儀
箱根神社公式ホームページhttp://hakonejinja.or.jp/


「わかさぎまつり」


わかさぎ
宮中にも献上する芦ノ湖の名産「公魚わかさぎ」。期間中芦ノ湖温泉指定旅館にご宿泊の方、もしくは、協賛店でわかさぎ料理をお召し上がりの方に「豪華賞品」があたります。
開催日 2.1~2.28
また、2月3日は箱根神社でわかさぎフライが無料進呈♪

カテゴリー: イベント

芦ノ湖ルアー・フライ限定特別解禁釣大会

お待たせいたしました!
芦ノ湖ルアー・フライ限定特別解禁大会 平成30年3月1日(木)
芦ノ湖通常解禁 平成30年3月2日(金)
詳細やエントリー等については公式ホームページでご確認ください。芦ノ湖漁業協同組合ホームページ



カテゴリー: イベント, 季節のお便り

神奈川県立生命の星・地球博物館 企画展「レッドデータの生物」

この企画展では、レッドデータの調査をどのように行い、生き物を守っていくのか、写真や生物標本で紹介します。また、レッドデータの生き物たちの生息環境を巨大マップで解説します。
●レッドデータとは…
動植物の生息状況を調査し、絶滅のおそれがある種についての情報をまとめたものです。当館では、他県に先駆けて1995年に動植物のレッドデータブックを出版しました。生き物を取り巻く環境が刻一刻と変化し続けているなか、2006年には改訂版が出版され、現在2回目の改訂に向けた準備が進められています。

●企画展のメインビジュアルについて
今回の企画展のポスターは、「レッドデータの生物」をテーマとして、産業技術短期大学校 産業デザイン科2年生13名が課題制作としてデザインした作品の中から選出したものであり、当館と産業技術短期大学校の初めてのコラボレーションによるものです。この企画展の会期中、すべての作品を館内にて展示いたしますので、ぜひご覧ください。

開催期間:2017年12月16日(土)~2018年2月25日(日)

神奈川県立生命の星・地球博物館http://nh.kanagawa-museum.jp/
年末年始は12月28日(木曜)から1月4日(木曜)まで休館です。

常設展
展示テーマ「生命の星・地球」の誕生から現在までの46億年にわたる地球の歴史と生命の多様性を、時間の流れを追ってわかりやすく展示しています。巨大な恐竜や隕石から豆粒ほどの昆虫まで1万点にのぼる実物標本をお楽しみください。



カテゴリー: イベント

【箱根駅伝】宿泊客・観光客の皆様へ / 大型等車両交通規制のお知らせ

カテゴリー: 観光情報

箱根芦ノ湖 「冬の花火大会」 

芦ノ湖なびもチェック♪http://www.hakone-ashinoko.net/

「クリスマストワイライト花火」


トワイライト
人気の芦ノ湖の冬の花火。今年はクリスマスに開催が決定♪
トワイライトタイム(日暮れ直後)に打ちあがる幻想的な花火を2日間連日でお楽しみください。
開催日 12.24(日)・25(月)17:15~17:30
場 所 芦ノ湖湾にて




 

「謹賀新年花火大会」


トワイライト
2018年幕開けと同時に打ちあがります。
箱根神社の初詣とあわせていかがですか。
開催日 1.1(月)0:00~0:15
場 所 芦ノ湖湾にて



 



 

「節分祭奉祝花火大会」


トワイライト
箱根神社で2月3日に執り行われる「節分祭」の前夜祭。
空気の澄んだ時期の美しい花火をお楽しみください♪
開催日 2.2(金)19:30~19:50
場 所 芦ノ湖湾にて

カテゴリー: イベント

箱根ガラスの森美術館 クリスマス特集

2009_12_20_062

箱根ガラスの森のクリスマス・・・庭園にはキラキラとクリスタルガラスのツリーが煌めき、クリスマスソングのコンサート。ご家族や大切な方とご一緒にお出かけになられてはいかがですか。 

箱根ガラスの森美術館


クリスマス 昼

クリスタル・ガラスのツリー

庭園には、クリスマスツリーとしてフラッシュツリーアベーテが登場します。高さ約10m、約8万粒のクリスタル・ガラスで作成されたもみの木をイメージする作品です。2014年からは高さ約8m、約6万5千粒のクリスタルガラスをまとったツリーも増えて2本になりました。

展示期間:2017年11月1日から12月25日(予定)


クリスマス 夜

トワイライト・キャンドル

午後4時頃から庭園内のテラスや橋、通路などにキャンドルを設置し、温かく柔らかな灯りをお楽しみいただきます。

期間:2017年12月1日~12月25日 16時頃から (雨天中止)



コンサート

美術館クリスマス企画展

ガラスの人形プレセピオなどクリスマスにちなんだヴェネチアン・グラスを展示いたします。

クリスマス企画展:2017年12月1日から12月25日(予定)

箱根ガラスの森美術館

カテゴリー: 季節のお便り

ポーラ美術館開館15周年記念展「100点の名画でめぐる100年の旅」

ポーラ15周年

2017年、ポーラ美術館では開館15周年を記念し、特別なコレクション展を開催いたします。
ポーラ美術館のコレクションは、ポーラ創業家2代目・鈴木常司が40数年かけて収集したもので、西洋絵画、日本の絵画、ガラス工芸、東洋陶磁、化粧道具など、ジャンルは多岐にわたりその数約1万点を数えます。特に当館の絵画のコレクションは、19世紀から20世紀にかけて活躍した画家たちの重要な作品が、体系的に集められています。本展覧会では当館収蔵の絵画作品のなかから、ポーラ美術館が選ぶベスト100、西洋絵画71点、日本の洋画29点を厳選いたしました。
本展では、この100点の名画を、画家や芸術運動、主題や時代に関わる20のテーマに分け、19世紀半ばから世紀転換期を経て、20世紀にいたる約100年間の西洋と日本の近代絵画の流れを旅するようにご覧いただきます。100点はどれもコレクションを代表する名作ばかり。ポーラ美術館はじまって以来の贅沢なコレクション展です。


期 間 2017.10.31(日)~2018.3.11(日)会期中無休

詳細はポーラ美術館公式ホームページhttp://www.polamuseum.or.jp/にてご確認ください。

カテゴリー: おススメ