「箱ぴた」トップ  > 「箱根温泉」のご案内 > 「強羅エリア」のご案内

「強羅」ってどんなところ

大自然のいぶき

箱根の中心に位置する強羅は、大正8年(1919年)の箱根登山鉄道の開通によって発展した温泉場。政財界や文人たちの別荘地として栄え、駅周辺には飲食店や土産物店が並んでいます。箱根登山鉄道からケーブルカー、ロープウェイとに乗り継ぎ訪れる大涌谷では、大地の息づかいを感じる噴煙と硫黄の匂いが漂い、箱根を代表する壮大な景色が楽しめるエリアです。

1.箱根強羅公園

箱根登山鉄道の強羅駅からゆっくり歩いて10分ほどのところにある「箱根強羅公園」は、登山鉄道敷設の計画に先立ち大正3年(1914年)に開園しました。
噴水池を中心に左右対称な地割り構成が特徴的な、日本初のフランス式整型庭園です。熱帯植物館や茶室、体験工房などの施設も園内には併設され、植物観賞のほかに茶の湯やものづくりが体験できます。

四季折々の花々が咲き誇る広い庭園は、リードを付けていればペットを連れての入園が可能。花々を愛でながら、ペットと一緒にのんびりとお散歩が楽しめます。

箱根強羅公園

  • 開園時間:9:00から17:00 (季節により変動、最終入園 16:30 、不定休)
  • 入園料:大人 550円 / 小学生以下は無料
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
  • URL:https://www.hakone-tozan.co.jp/gorapark/

箱根強羅公園の隣には、苔とモミジで彩られた「苔庭」、巨岩の岩組みが見どころの「石楽園」、「萩の道」などの庭園美と、縄文時代から江戸時代までの焼き物が鑑賞できる箱根美術館があります。

2.早川沿い桜並木(宮城野)

強羅公園から徒歩約30分、車で5分ほど行ったところの宮城野地区を流れる早川。春にはその堤防の桜並木が、約2kmわたって美しい花の回廊となります。

「さくらばし」から眺める青い空に映えるピンク色の桜並木。桜の季節には外せない景観スポットです。

さくらばしの近くには、早川の清流を利用した「はこね宮城野国際ます釣場」があり、年間を通して釣りが楽しめます。また、予約をしておけばバーベキューも楽しめます。

はこね宮城野国際ます釣場

  • 開園時間:9:00から16:00 (木曜定休)
  • 入場料:一人 600円(釣り竿、練りエサ付き)
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮城野922
  • URL:https://www.hakonemiyaginomasutsurijo.jp/

3.cu-mo箱根

箱根登山電車「強羅駅」からケーブルカーに乗り換えた最終地点「早雲山」。ロープウェイへの乗り換え地点にあるcu―mo箱根。SHOPほか、展望テラスと無料の足湯を楽しめます。

標⾼約757mということで、展望テラスからは箱根大文字焼の「大」の字を真ん中に箱根外輪⼭が⼀望できます。
季節ごとに変わる景色が楽しみです。

展望テラスには足湯もあります。疲れた足を癒しながら開放的な景色の中でひとやすみしてはいかがですか。

cu-mo箱根

※最新情報はWEBにてご確認ください。

4.大涌谷

約3000年前に神山で水蒸気爆発が起こり、山が崩れ、その跡にマグマが上昇し溶岩ドームをつくり、冠ヶ岳となりました。この時の火山砕屑物と山崩れによる堆積物の間が現在の大涌谷になり、崩れた土砂は芦ノ湖や仙石原を形成していきました。

大涌谷の大地からは今もあちこちから白煙が立ち上り、地球の息づかいを感じるような大地のパワーが伝わってきます。

早雲山駅と大涌谷を結ぶロープウェイは約8分のライド。眼下に荒涼とした大涌谷の迫力ある眺めが楽しめます。

大涌谷に来たら必ず食べて帰りたいのが、名物「黒たまご」500円(5個)。大涌谷の温泉池でゆで蒸し上がった黒い殻のゆでたまごで、1個食べれば7年寿命が延びるといわれています。

記念撮影にピッタリなオブジェや、黒たまごを割ったようなユニークな形の椅子もあります。

こちらも大涌谷名物の「たまごソフトクリーム」400円。玉子の黄味のような濃い色で、さっぱりとして、どこか懐かしい味がします。

5.大涌谷駅食堂

箱根ロープウェイの大涌谷駅の2階にはレストラン「大涌谷 駅食堂」があります。

広い店内からは大きなガラス窓越しに広がる大涌谷の絶景を眺めながら、食事をとることができます。

とんかつ定食などのフードメニューからデザート、アルコールなどのメニューが揃っていますが、ここで食べておきたいのはやはり「特製」大涌谷カレー(1,100円)。和風だしベースのこだわりのルーに箱根山麓豚のひき肉がたっぷり入った、スパイシーで深みのある本格カレーです。
ボリューム満点のサクサクのカツをのせた「特製」大涌谷カツカレー(1,500円)も人気です。

また、大涌谷レトルトカレーもお土産として大人気です!
通信販売でも購入可能とのことです。(送料・代引き手数料発生)
https://www.hakoneropeway.co.jp/topics/1326/

ソフトドリンク付きのパンケーキセット(900円)も人気です。

大涌谷 駅食堂

※最新情報はWEBにてご確認ください。

6.彫刻の森美術館

大涌谷からロープウェイとケーブルカーを乗り継いで強羅駅へ戻り、そこから箱根登山鉄道で一駅、または歩いて10分程度のところにあるのが「彫刻の森美術館」です。

1969年に開館した国内初の屋外美術館で、約7万平方メートルの広大な敷地に近・現代の彫刻家の作品を約120点展示しています。広い館内にはレストランやカフェ、子どもが遊べるアートに天然温泉の足湯まであり、家族で一日楽しめます。

2019年7月に全面リニューアルしたピカソ館では、世界有数のコレクション319点が順次公開されています。

高さ約18mの塔「幸せをよぶシンフォニー彫刻」は人気の撮影スポット。内部には、さまざまなモチーフを鮮やかなステンドグラスで表現した幻想的な空間が広がっており、らせん階段を上がった塔の上からは箱根の山々に囲まれた館内が一望できます。

巨大な目玉焼きのベンチもユニークです。

彫刻の森美術館 THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM

  • 開園時間:9:00から17:00 ( 最終入館16:30)
  • 入館料:大人 1,600円 / 大学生・高校生 1,200円 / 中・小学生 800円 ※前売り券、割引料金あり
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121
  • URL:https://www.hakone-oam.or.jp/

温泉自慢の宿が集うエリア

自然に囲まれたリゾートホテルから、お料理にこだわった純和風旅館まで、大人の上質な体験ができる宿が揃っています。

このエリアの宿を探す!