箱根のご案内

箱根テーマ別ガイド

  • 箱根のご案内

  • 箱根の歴史

  • 箱根温泉の泉質

  • 箱根の乗り物(交通)

  • エリア毎の特徴

エリア別ガイド

  • 湯本/塔之沢エリア

  • 宮ノ下/小涌谷エリア

  • 強羅エリア

  • 仙石原エリア

  • 芦ノ湖/芦ノ湯エリア

ポーラ美術館初となる現代美術の展覧会「シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート」開催

ポーラ美術館では開館以来初となる、 現代美術の作家たちに焦点をあてた展覧会「シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート」を開催いたします。 本展覧会は、 ポーラ美術館の絵画、 彫刻、 東洋陶磁など多岐にわたるコレクションを、 現代美術の第一線で活躍する作家たちの作品とともにご紹介するものです。 これまで、 モネやピカソといったコレクションの中核をなす作家をはじめ、 巨匠たちの作品とともに歩んできたポーラ美術館は、 同時代の表現へと展望を拡げ、 新たな一歩を踏み出します。

会  期:2019年8月10日(土)~12月1日(日) 会期中無休
出品点数:50点以上
出展作家: オリヴァー・ビア、 アブデルカデル・バンシャンマ、 カンディダ・ヘーファー、 石塚元太良、 磯谷博史、 アリシア・クワデ、 セレスト・ブルシエ=ムジュノ、 スーザン・フィリップス、 プリンツ・ゴラム、 ヴォルフガング・ティルマンス、 渡辺豊、 横溝静
[ポーラ美術館コレクションより]ルノワール、 モネ、 ロダン、 セザンヌ、 マティス、 ピカソ、 ダリ 他
開館時間:9:00~17:00(最終入館は16:30)

ポーラ美術館公式ホームページ
http://www.polamuseum.or.jp/


1.ポーラ美術館初の、 現代アートの展覧会
新作を多数含む、 現代作家たちの刺激的な作品が、 近代の巨匠モネ、 セザンヌ、 ピカソの絵画、 ロダンの彫刻等と豊かに共鳴します。

・モネ × セレスト・ブルシエ=ムジュノ
セレスト・ブルシエ=ムジュノ《クリナメン美術館の中に作られた円形プールの水面をゆったりと漂う白いボウルの数々。 陶器がぶつかることで偶発的に奏でられる音色と、 水の流れによって絶え間なく移り変わる光景は、 モネが絵画に描きとどめた水面のきらめきに呼応するかのようです。

 

 

 

セレスト・ブルシエ=ムジュノ《クリナメン v.2》2013年 Installation view: Centre Pompidou-Metz
(C) Céleste Boursier-Mougenot Photo: Rémi Bertrand

 

セレスト・ブルシエ=ムジュノ《クリナメン
 

 

 

 

 

 

 

クロード・モネ《睡蓮》1907年ポーラ美術館蔵

 

・東洋陶磁 × オリヴァー・ビア
さまざまな「器」の内奥にかすかに響く「声」をマイクでとらえ、 音楽を紡ぎだすインスタレーション。 ポーラ美術館の東洋陶磁との間には、 どのようなセッションが生み出されるのでしょうか?

オリヴァー・ビア《悪魔たち》(部分)2017年 フォーリンデン美術館蔵(ワッセナー、 オランダ)Image courtesy of the artist and Galerie Thaddaeus Ropac
(C) Oliver Beer Photo: Stephen White

 

2.体感して楽しむアート
大型のインスタレーション、 映像作品、 音の作品など、 「見る」だけでなく、 体感してアートを楽しむことができます。

 

3.箱根の自然の中に出現する、 野外インスタレーション
サウンド・アートを牽引するアーティスト、 スーザン・フィリップスが、 森の遊歩道で「音」の新作インスタレーションを展開。 箱根での滞在を経て制作された幻想的な音色が、 森の奥に響き渡ります。

スーザン・フィリップス《ロング・ゴーン》2006年
2チャンネル・サウンド・インスタレーション
Installation view: Aspen Art Museum, 2008 Photo: Susan Philipsz

 

ポーラ美術館ってどんなところ?

 
外観ポーラ美術館は2002年に開館。ポーラ創業家2代目の鈴木常司が40数年間にわたり収集した、西洋絵画、日本洋画、ガラス工芸、古今東西の化粧道具など総数約1万点を収蔵。
 

 

 

 

 
cafeレストラン アレイ
大きな窓から望む箱根の山々が印象的なレストラン。晴れた日にはテラス席も人気。ゆったりとした雰囲気のなかで、本格的な欧風料理を。
 

 

 

 
cafeカフェ チューン
まるで森の中にいるような気分になるカフェ。四季折々の自然の景色が楽しめる。スイーツはもちろん、気軽な軽食も。
 

 

 

 

 
森の遊歩道森の遊歩道
ブナ・ヒメシャラが群生する富士箱根伊豆国立公園内の自然をお楽しみ頂ける全長670mの遊歩道です。
 

 

 

 

ポーラ美術館公式ホームページ
http://www.polamuseum.or.jp/</a


カテゴリー: おススメ, イベント   パーマリンク