箱根のご案内

箱根テーマ別ガイド

  • 箱根のご案内

  • 箱根の歴史

  • 箱根温泉の泉質

  • 箱根の乗り物(交通)

  • エリア毎の特徴

エリア別ガイド

  • 湯本/塔之沢エリア

  • 宮ノ下/小涌谷エリア

  • 強羅エリア

  • 仙石原エリア

  • 芦ノ湖/芦ノ湯エリア

箱根湯本の名園に今年も咲く、樹齢130年を超える山桜

立春を過ぎ、箱根山にも春の気配が。
箱根湯本でのソメイヨシノも見頃を迎えております。

桜の名所が点在し、標高差のある箱根では、ソメイヨシノ、シダレザクラ、マメザクラ、ヤマザクラなどさまざまな桜を、3月下旬からGWまで楽しむことができます。
数ある箱根の桜の名所の中から、今回、箱ぴたがクローズアップしたいのは、箱根湯本温泉『吉池旅館』内の美しい庭園に咲く大きな山桜です。

須雲川沿いの広大な敷地に、箱根屈指の湧出量(6本の自家源泉で一日あたり合計72万リットル)を誇る100% 掛け流しの天然温泉が自慢の『吉池旅館』。
まもなく創業80周年を迎えようという、箱根湯本温泉でも指折りの老舗旅館です。
敷地内の約1万坪にもおよぶ見事な池泉回遊式日本庭園『山月園』は、知る人ぞ知る名園。
当時、明治の富豪貴族に人気があった池泉回遊式庭園を造ろうと、和館の建築物の約20倍もの費用をかけたと言い伝えられている、贅を尽くした庭園です。
国の登録文化財に指定されている「旧岩崎家別邸」と「茶室・真心庵」、須雲川より引き入れた清流の池で悠々と泳ぐたくさんの鯉、多くの文化財や貴重な石材、そして四季折々の木々や草花たちが、訪れる人の目を楽しませてくれます。


春は、ソメイヨシノ・山桜・八重桜・枝垂れ桜・十月桜。
夏は、紫陽花・ムクゲ・ユリ・ノウゼンカズラ・芙蓉・百日紅。
秋は、紅葉。冬は、寒椿・紅梅・白梅・青梅・桃・水仙・木瓜・河津桜など1年を通して楽しめ、庭園に見る季節の移ろいを楽しみに再訪されるお客さまも少なくないといいます。


中でも、春のこの時期だけ見ることができる、樹齢130年とも150年ともいわれる山桜は圧巻。
J.コンドルの手による洋館、清水仁三郎による和館の名建築と並ぶその堂々たる姿は、思わず見惚れてしまいます。
ソメイヨシノの印象が強い箱根湯本ですが、この山桜はぜひとも見ていただきたい!
山月園は、隠れた桜スポットなのです。
そして桜が終わると、別邸を囲むように植えられたツツジやカラーが咲き乱れ、コントラストのあるカラフルなお庭が出現するのですが、これもまた見応え十分!


名園『山月園』は従来、旅館の宿泊者や日帰り入浴・食事処などの利用者のみに公開されていましたが、
2019年11月からは一般にも開放されて、誰もが山月園を散策できるようになりました。
手入れの行き届いた庭園内は、ぐるりと歩くだけでも約30分のいい散策コースです。


敷地内には、地元の人たちにも愛される名店『ステーキハウス吉池』があります。
黒毛和牛のサーロインや魚介を、目の前の大きな鉄板で好みの加減に美味しく焼いてくださいます。
大きな桜と美しい庭園を鑑賞しながらのウォーキングとあわせて、天然温泉の入浴やステーキハウスでの食事も楽しんで・・・。
充実の旅プランで、免疫力Upといきましょう!

****************************************
旧岩崎彌之助(いわさきやのすけ)別邸『山月園』
庭園様式:池泉(ちせん)回遊式庭園
入園料:大人500円 子供200円(16歳未満) 幼児無料
団体割引あり(15名様以上 ひとり一律100円引き)
※園内には動物などを連れての入園はできません。
開園時間:9時~17時頃(日没まで) 最終受付16時 夏季・紅葉時期は時間延長
休園日:不定休(休館日など有 ホームページに記載)
駐車場:無料(70台)
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本597 吉池旅館内(TEL:0460-85-5711)
URL: https://www.yoshiike.org/garden/
アクセス: https://www.yoshiike.org/access/
****************************************


カテゴリー: おススメ, 季節のお便り, 観光情報   パーマリンク