箱根のご案内

箱根テーマ別ガイド

  • 箱根のご案内

  • 箱根の歴史

  • 箱根温泉の泉質

  • 箱根の乗り物(交通)

  • エリア毎の特徴

エリア別ガイド

  • 湯本/塔之沢エリア

  • 宮ノ下/小涌谷エリア

  • 強羅エリア

  • 仙石原エリア

  • 芦ノ湖/芦ノ湯エリア

岡田美術館 没後220年 画遊人・若冲 ―光琳・応挙・蕭白とともに―


パンフ江戸時代半ばの京都で活躍した絵師・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう・1716~1800)は、裕福な商家の長男として生まれながら、名利に関心がなく、学問・諸芸・娯楽を好まず、ただ絵を描くことを楽しみとして心力を尽くしました。まさに「画遊人」として、当時には稀な85歳の長寿を全うしたのです。その没後220年を記念し、岡田美術館に収蔵される若冲の作品全7件を一堂に展示します。

会期
2020年10月4日(日)~2021年3月28日(日)

岡田美術館公式ホームページ
http://www.okada-museum.com/

 

 

 





 

 

 

岡田美術館ってどんなところ?

岡田美術館は2013年10月に開館。全5階、展示面積5,000㎡という屋内展示面積としては箱根随一を誇る広大な館内に、日本・東洋の陶磁器や絵画など美術品を常時約450点展示しています。
大壁画琳派の祖ともいえる俵屋宗達の「風神雷神図屏風」をもとに、日本画家福井江太郎が現代に蘇えらせました。構想も含め5年の歳月を掛けて制作した大壁画「風・刻」が、皆さまをお迎えします。
 

 

 

 

近くのお宿 <宮ノ下・小涌谷地区のお宿>


カテゴリー: おススメ, イベント, 観光情報   パーマリンク