箱根のご案内

箱根テーマ別ガイド

  • 箱根のご案内

  • 箱根の歴史

  • 箱根温泉の泉質

  • 箱根の乗り物(交通)

  • エリア毎の特徴

エリア別ガイド

  • 湯本/塔之沢エリア

  • 宮ノ下/小涌谷エリア

  • 強羅エリア

  • 仙石原エリア

  • 芦ノ湖/芦ノ湯エリア

【宿レポ】箱根のお宿に泊まってみました! 第5回「仙郷楼」

箱根のお宿に泊まってみました!
今回は「仙郷楼」
今回のモニターは、Instagramのフォロワー@yoko_tokyoiventlifeさまです♪

「箱根のお宿に泊まってみました!」
この企画は、応募で決まった宿泊モニター様に、箱ぴた加盟のお宿に実際にご宿泊いただき、その感想をいただいております!
今後も様々なお宿で実施してまいりますのでおたのしみに♪
++++++++++++++++++++++++

@yoko_tokyoiventlife

明治3年創業 今年150年を迎える仙郷楼(せんきょうろう)へ

新宿バスタから仙郷楼前まで
小田急バスでなんと1人¥2,000-もかからず、乗ってお昼寝したら着いていました。


仙郷楼はバス停から目の前でした。バスは箱根登山バス、小田急箱根高速バスが停車します。
もちろん駐車場も完備されています。


バス停にはエヴァンゲリヲンの絵が描かれていました。
箱根にエヴァンゲリヲン⁈と驚きましたが
箱根 仙石原はエヴァンゲリヲン新劇場版で、EVA初号機と第5の使徒が戦った第3東京市だそうです。

これを機に漫画見てみようかな?
また箱根に旅立ちたくなる景色が描かれたりしてるかも?

バス停から入り口まで歴史あるお庭の中を通りました。
とてもお手入れされたお庭で、チェックインしたらお散歩してみたいな!と心が踊ります。


大きな玄関を入ると雛祭りの少し前という事で可愛いお雛様様が迎え入れてくれました。
コンシェルジュの方のお出迎えも暖かく素晴らしかったです。


額や季節のお花が飾ってある廊下を通り、すぐにお部屋にご案内をしていただきました。

この旅館は数々の文化人に愛されたそうです。

小説家で詩人である髙見順さんがサインした
漫画家 秋好馨さんとのコラボ絵が飾ってありました
金時山を見る金太郎の絵。
お2人はこの旅館で出会ったとの事です。

お部屋


お部屋は5Fの見晴らしの良い明るいお部屋でした。

お部屋に入ると丁寧なご案内をしていただき、美味しいお茶でおもてなしいただきました。

このおまんじゅう目当てにまた来たいくらい、忘れられない美味しさ。
夕飯もとても楽しみです。


まずはお腹を空かせないと!と気になっていたお庭を散策に。
お部屋には散策路のご案内図があります。
入り口にもあった池周りが今の時期にはおススメという事で行ってみました。


金太郎で有名な金時山が見える展望スポットなど広大なお庭。

透明度が高い池の水の中に広がる幾重もの緑の世界はまるでモネの絵の世界の様でした。
優雅に泳ぐ池の鯉が可愛かったです。

散策から帰って見つけたのは廊下に飾ってあった漫画家秋好 馨さんの絵。
温泉に浸かっている情緒溢れる絵で、これを見たらすぐさまお湯に浸かりたくなって、すぐに入ることにしました。

温泉


美しい白濁湯は手を10cmも入れると見えなくなる濃い白濁色。

その湯面に写る景色も風情があるリフレクション。
熱めのお湯ですぐに温まり、忙しい日常やパス旅を癒す、浸かるエステの様な
温泉でした。

料理


お庭の散策をして名湯に浸かったら今度は楽しみにしていた懐石料理です。

5つの可愛らしい小皿に和の魅力が凝縮された前菜。

お造りの鮪は醤油につけると脂が滲み美しい絵図になります。
小鍋の伊豆近辺で獲れる金目鯛は甘く赤い皮が、愛でたい春をお祝いしてくれている様。


焼き物の身が厚い鰆は風味高い蕗味噌に春の食材と共にのせられて。


また春を感じさせる淡いピンクがアクセントの蓋つきの器に入ってきたのは岡部蒸し。


中皿は柔らかく豊潤な箱根山麓豚。
箱根の名産を箱根でいただくことができて嬉しい限りです。

変り鉢の長芋は梅の形で梅色。
梅は咲くと香りも良くてこの香りで春のはじまりを感じます。

流れ落ちる滝が美しいお庭を眺めながらでした。
季節感をふんだんに味わう事のできるお料理の数々、素晴らしいひとときでした。

夕飯後はまた名湯に浸かり、ロビーへくつろぎにいきました。
観光案内も充実していて助かりました。


朝食は和朝食で充実したメニュー。
夕飯もですが朝ご飯もとても美味しいです。



帰りの日は雨でした。
お庭の植木には新芽でしょう、雨の滴を含みながら蕾の膨らみが煌めいていました。
この一雨ごとに春めいて芽吹くのでしょう。
お庭の花が満開になった頃にまた訪れてみたいものです。

温泉つきのお部屋に車で行き、部屋に運ばれる食事を楽しむ。
誰にも会わない静かな時間を過ごすのもいいですね。

@yoko_tokyoiventlifeさま、ありがとうございました!

****************************************

仙郷楼✿今回のお宿

仙郷楼
(せんきょうろう)

今年で創業140年 ご夕食はお部屋で1品づつお召し上がり
https://senkyoro.co.jp

 

住  所 :〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1284
T E L :0460-84-8521
基本料金 :18,000円~ (税込 19,800円) (2名泊1室おひとり様料金、朝食/夕食付き)
客  室 :和室、和洋室、露天・半露天風呂付客室
料  理 :夕朝とも食事処・レストラン、部屋食

アクセス :


****************************************


カテゴリー: 宿泊体験記   タグ:   この投稿のパーマリンク