「箱ぴた」トップ  > 「箱ぴた」NEWS > ポーラ美術館 ホリデー特別企画『マジック・アワー ~モネと歩く夕暮れ~』

ポーラ美術館 ホリデー特別企画『マジック・アワー ~モネと歩く夕暮れ~』

ポーラ美術館は、現在開催中の「モネ―光のなかに」展関連イベントとして、2021年12月1日(水)~12月25日(土)の期間限定で「夕暮れ時」の照明でモネの作品を鑑賞できるホリデー特別企画『マジック・アワー ~モネと歩く夕暮れ~』を実施します。


クロード・モネ 《エトルタの夕焼け》 1885 年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館

通常、 本展の照明は、 日中の光(モネが終の住処を構えたパリ郊外・ジヴェルニーの朝9時頃の明るさ)と同等に設定されています。 この度、 年末の特別企画として、 クリスマスまでの期間、 12時から16時の毎時00分の1日5回、 各3分間だけ照明を切り替え、 展示室全体を暖かく柔らかな「夕暮れ時の光」で彩ります。

展示中の《セーヌ河の日没、 冬》(1880年)、 《エトルタの夕焼け》(1885年)、 《国会議事堂、 バラ色のシンフォニー》(1900年)、 《ルーアン大聖堂》(1892年)などは、 いずれも夕刻に描かれた作品です。 照明の効果によって、 モネの作品たちが束の間、 劇的に表情を変える魔法の時間――バラ色に輝く海岸線を、 夕陽を受ける流氷のきらめきを、 140年前の日没の光景を、 どうぞお楽しみください。


クロード・モネ 《セーヌ河の日没、 冬》 1880年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館

会 期:2021 年12 月1 日(水)~12 月25 日(土)の期間中、毎日開催
時 間:①12:00 ②13:00 ③14:00 ④15:00 ⑤16:00
会 場:ポーラ美術館 展示室3
内 容:1日5回、 毎時00分より3分間、 「夕暮れ時」の照明に変更
主 催:公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館

ポーラ美術館公式ホームページ
http://www.polamuseum.or.jp/

 

ポーラ美術館ってどんなところ?

 
外観ポーラ美術館は2002年に開館。ポーラ創業家2代目の鈴木常司が40数年間にわたり収集した、西洋絵画、日本洋画、ガラス工芸、古今東西の化粧道具など総数約1万点を収蔵。
 

 

 

 

 
cafeレストラン アレイ
大きな窓から望む箱根の山々が印象的なレストラン。晴れた日にはテラス席も人気。ゆったりとした雰囲気のなかで、本格的な欧風料理を。
 

 

 

 
cafeカフェ チューン
まるで森の中にいるような気分になるカフェ。四季折々の自然の景色が楽しめる。スイーツはもちろん、気軽な軽食も。
 

 

 

 

 
森の遊歩道森の遊歩道
ブナ・ヒメシャラが群生する富士箱根伊豆国立公園内の自然をお楽しみ頂ける全長670mの遊歩道です。
 

 

 

 

ポーラ美術館公式ホームページ
http://www.polamuseum.or.jp/

ポーラ美術館近隣の宿泊施設
箱根仙石原地区の旅館ホテル


カテゴリー: おススメ, イベント   パーマリンク

箱根のご案内

テーマ別ガイド

エリア別ガイド