「箱根温泉 箱ぴた」トップ  > 「箱ぴた」NEWS > ポーラ美術館開館20周年記念「ピカソ 青の時代を超えて」

ポーラ美術館開館20周年記念「ピカソ 青の時代を超えて」

本展覧会は、 国内でも屈指のピカソ・コレクションを誇るポーラ美術館とひろしま美術館が、 これまで欧米の美術館の協力を得て深めてきた作品研究をもとに、 制作のプロセスに焦点を当て、 絵画芸術に挑んだ「描く」ピカソの作品を初期から捉えなおそうとする共同企画展です。 両館のコレクションをはじめ国内外の重要作とともに、 最新の科学技術を用いた調査や研究を通して20 世紀の巨匠が遺した創造の軌跡に迫ります。



会 期:2022年9月17日(土)- 2023年1月15日(日) 会期中無休
会 場:ポーラ美術館 展示室1,3
主 催:公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館、公益財団法人ひろしま美術館

ポーラ美術館公式ホームページ
http://www.polamuseum.or.jp/

関連プログラム

●24歳以下無料ご招待
「青の時代」前後のピカソと同年代の皆様に向けて、作品を直に鑑賞し、作家の人生に触れてほしいという思いから、無料招待を実施します。
期間:9月17日(土)–9月30日(金)
対象:15歳~24歳の方入館の際に、年齢確認ができる身分証明書などをチケットカウンターにてご提示ください。

※年齢の確認が取れない場合には通常料金(大人¥1,800/大学・高校生¥1,300、要学生証提示)にて入館いただきます。
15名様以上の団体でのご来館の際には事前予約が必要になりますので、ポーラ美術館(0460-84-2111)までご連絡をお願いいたします。
なお、中学生以下は常時無料で入館いただけます。

●「ピカソ 青の時代を超えて」展 開幕記念講演会
日時:9月16日(金)18時30分~事前申込制
会場:インスティトゥト・セルバンテス東京(東京都千代田区六番町2-9セルバンテスビル)

※詳細およびその他のプログラムについては決まり次第、展覧会ウェブサイトにてお知らせいたします。

ポーラ美術館ってどんなところ?

 
外観ポーラ美術館は2002年に開館。ポーラ創業家2代目の鈴木常司が40数年間にわたり収集した、西洋絵画、日本洋画、ガラス工芸、古今東西の化粧道具など総数約1万点を収蔵。
 

 

 

 

 
cafeレストラン アレイ
大きな窓から望む箱根の山々が印象的なレストラン。晴れた日にはテラス席も人気。ゆったりとした雰囲気のなかで、本格的な欧風料理を。
 

 

 

 
cafeカフェ チューン
まるで森の中にいるような気分になるカフェ。四季折々の自然の景色が楽しめる。スイーツはもちろん、気軽な軽食も。
 

 

 

 

 
森の遊歩道森の遊歩道
ブナ・ヒメシャラが群生する富士箱根伊豆国立公園内の自然をお楽しみ頂ける全長670mの遊歩道です。
 

 

 

 

ポーラ美術館公式ホームページ
http://www.polamuseum.or.jp/

ポーラ美術館近隣の宿泊施設
箱根仙石原地区の旅館ホテル

 


カテゴリー: おススメ, イベント   パーマリンク

箱根のご案内

テーマ別ガイド

エリア別ガイド